グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



サイトマップ

トップページ >  2018年活動計画

2018年活動計画


1. 活動の基調

設立総会以降、新政あいちの基盤を固める活動を中心に取り組んできました。皆さんのご協力を得て、146名の結集をいただき、連合愛知とも連携して活動できる規模になったと評価しているところです。今後は、新政あいち結成の目的である、地方から改革を進めていくための政策づくり・基盤づくり等を前に進めていかなければなりません。
来春には統一地方選挙を迎えます。私たちの活動の基盤をしっかり固めるため、一人でも多くの仲間を選出できるよう、地域政策の策定や支援体制づくりに向けて連合愛知とも連携して活動を進めていきます。

2. 活動計画

(1)統一地方選挙に向けた取組

以下の基本方針に沿って、国政政党、連合愛知と連携して取組を進めます。取組にあたっては、国政政党・連合愛知・新政あいちが協力を図りながら、一人でも多くの仲間の議員を当選させるよう協力を図っていきます。
1. 空白区の解消を第一とし、すべての自治体議会に新政あいち候補を擁立できるよう政党・連合愛知と連携して取り組む。

2. 候補者擁立にあたっては、働く人・生活者の視点に立った政策実現をめざす候補とする。

3. 選挙別の基本方針は以下のとおりとする。

・新政あいち県議団がめざす「複数擁立が可能な選挙区および従来の惜敗選挙区を中心に候補者を擁立する」方針を支持する。
・名古屋民主市会議員団がめざす「定数5人以上の選挙区で2名の候補者を擁立する」方針を支持する。
・一般市町議会では、すべての自治体議会に候補者を擁立する。

(2)地域政策の策定に向けた取組

立ち上げた「地域政策PT」において、地域特有の政策課題を取り上げ、その改善に向けた提言をまとめていきます。それを選挙公約としてアピールしていくようステップアップしていきます。

(3)組織拡大、他県との連携に向けた取組

地方からの改革を進めていく上で一人でも多くの仲間の議員と連携していくことが重要です。党派を超えて、あるいは労組以外の仲間にも声を掛けて志をともにする政策集団として基盤を広めていきます。また、自治体政策フォーラム時代に活動をともにした隣県の仲間の議員とも連携を深めていくため、秋をメドに「東海ブロック研修会」を企画します。

(4)セミナーの実施

私たちがめざす、地方分権・議会改革をテーマとしたセミナーを実施し、県下の自治体議会が一緒に取り組めるテーマを選定して議会の活性化を図ります。また、県の予算と自治体への影響について、春のセミナーで取り上げます。

(5)広報活動の充実

まだまだ知名度の低い新政あいちですが、できるだけ県民の皆さんへの露出度を高める活動に意識して取り組みます。新政あいちの取組が全国的にも知られるよう、研究機関等への情報提供も進めます。新政あいちHPを手軽に見てもらうため、スマホでの視聴も始めます。